Only the gentle are ever really strong.

【理不尽なことで怒られた時に効く】心を癒す3つのステップ

 
BABY
この記事を書いている人 - WRITER -
フリーランス通訳者。本業の傍、人生のお悩み相談や進路相談をうけおう何でも屋さん。ゆるい雰囲気で、固まった心を癒します。

ときに『理不尽なことで怒られる』ことありますよね。「私がいけなかったのか」「なんでそこまで言われないといけないのか」悶々とした経験は、誰しもがあるのではないでしょうか。今日はそんなときに、自分の感情を整理して、心を落ち着けられる対処法をご紹介します。

 

理不尽なことで怒られたときに効く3つのステップ

ステップ① 目を閉じて、自分の感情を見つめる

「どうすればよかったのかな」「なにがいけなかったのかな」「ああ言ってやればよかった」

色々と頭に浮かんでくるとおもいますが、頭で考え出すとキリがないのです。理不尽なことを言われた、と思ったら、目を閉じて自分がどう感じているか、自分の感情をじっと感じてみてください

  • 悔しい
  • 腹立たしい
  • 悲しい
  • 切ない

頭の中がグチャグチャになっているからモヤモヤするわけで、「自分は”悲しい”と感じている」「“悔しい”と思っている」と感情そのものを見つめると、段々と冷静になり、心が落ち着いていくのです。

 

ステップ② 自分の問題と相手の問題を分けて考える

「理不尽な発言」というの

  • 相手がカッとなって言ったもの
  • あえて、あなたを傷つけようとして吐いた言葉など、

「自分の問題ではなく、実は相手の問題だった」といった場合が殆どなのです。ただ喧嘩両成敗という言葉がある通り、トリガーを引いたのは自分かもしれません。そのためもう二度と同じことを繰り返さない (言わさない) ために、

  • 何がトリガー (引き金) になったのか
  • 同じことを繰り返さないためには、どうしたらいいのか

といった視点から、見てみることがオススメです。

 

ステップ③  『悪意のある発言を楽しむ人』がいることを知ろう

一部ですが、「悪意のある発言を楽しむ人」も存在するのです。動機はさまざまですが、

  • 嫌なことがあったことの憂さ晴らし
  • 相手が嫌いなため、粗探し(それが本当に欠点であるとは限らない)
  • 相手のプライドを傷つけたい(相手を侮辱することにより、自分の心の傷を癒そうとする)
  • 自分の欠点を直視したくない(意識を外に向けようとする)

こういった理由が考えられます。どちらにしても、「理不尽な発言」に悩み、このホームページにたどり着いた人には分かり知れぬものでしょう。

言いたい人には言わせておけばいいのです。カッとなって人を傷つける発言をしたり、明らかに理不尽な発言をするのはその人の課題で、あなたの問題ではないのです。またその発言を”真実”だとして、真っ正面から受け止める必要はありません。

 

まとめ

というわけで、理不尽なことで怒られたときに、心を落ち着ける3つのステップ

  • ① 目を閉じて、自分の感情をただ感
  • ② 状況を整理、「自分の問題」と「相手の問題」を分ける
  • ③ “悪意のある発言を楽しむ人”がいることを知ろう

でした。「悪意のある発言をして意図的に人を傷つけようとする人は、心に深刻な問題を抱えているか、はからずしも自分の傷を暴露してしまっているのだというのは、アメリカの著述家で、心理学に精通したジェリー・ミンチントンです。

人の心は複雑なもので、ときに自分の力不足を痛感しては、マウンティングを取ることでその、ちっぽけな「自尊心」を維持することもあるのです。人から批判されたときは、一度表面で受け止めて、それは自分の人生に役に立つのか」「それとも全く見当違いなゴミなのかを考えると、余計な雑音に惑わされることが減るのではないでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フリーランス通訳者。本業の傍、人生のお悩み相談や進路相談をうけおう何でも屋さん。ゆるい雰囲気で、固まった心を癒します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です