Only the gentle are ever really strong.

【化物語|なでこスネイク】優しい人へ送る名言5つ

2020/11/16
 
アニメの名言
この記事を書いている人 - WRITER -
フリーランス通訳者。本業の傍、人生のお悩み相談や進路相談をうけおう何でも屋さん。ゆるい雰囲気で、固まった心を癒します。

原作西尾維新先生の『物語シリーズ』には心を熱くする名言がいっぱいこの記事では「善悪」や「我慢」といった人間らしさに切り込んだ、化物語の名言をまとめました。

※引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。著作権法32条(引用)に従って掲示させていただきます

スポンサーリンク

① 呪いを解くのは、呪いをかけるより難しいんだ

 化物語の名言 忍野メメ

呪いを解くのは、呪いをかけるより難しいんだ。

生半可な知識でやったら状況が悪化するのは、当然だよね。

それに運も悪かったみたいだね。

出典元:化物語 忍野メメ

中途半端に手を出して余計に酷くしてしまう。それに自分では良しとしていても、タイミングや運といった自分でコントロールできない要素がはいってくると、さらに混沌をうむことに…。「全て自分のせい」ということもない、だからこそあえて「人を頼る」ことが必要な場面もあるのでしょう。

 

② 我慢しなきゃいけないのが、そもそもおかしいんだ

bakemonogatri.meigen.

我慢しなきゃいけないのが、そもそもおかしいんだよ。

痛いときは、痛いでいいんだ。

出典元:化物語 阿良々木暦

辛いときに辛いって、なかなか言えないものなんですよね。大変なときほど自分に負けないように、惨めな姿を晒さなくていいように、歯を食いしばって頑張ってしまう人もいるかもしれません。でも「辛い」っていっていいんです。じゃないと周りは気づかない

 

③ 人ヲ呪ワバ、穴二ツ

化物語 名言

ーだけど回避しても、蛇切縄は今度は、呪いをかけたその生徒のところに帰ってしまうそうだ

人を呪わば穴二つ、ということだな

出典元:化物語 阿良々木暦 / 神原駿河

他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が2つ必要になる。「人を陥れようとすれば、自分にも悪いことが起こる」というたとえですね。負のエネルギーはときとしてものすごいパワーを持ちますから、できるだけ早く手放してしまうのが得策なのでしょう。

スポンサーリンク

④ おとなしくしろ、興奮するな

bakemonogatari.meigen

おとなしくしろ、興奮するな興奮すると毒が回るぞ、阿良々木先輩。蛇は気性の荒い生き物だが、臆病なんだ。おとなしくやり過ごせば、どこかへいってしまう

出典元:化物語 阿良々木暦 / 神原駿河

カッとなって感情的な言葉をはいたり、フォローするつもりが墓穴を掘ってしまったり。人間はついつい反射で、反応してしまう生き物です。でも案外いったん時間をおいて、冷静になるとまったく違う結論を導き出せたりするんですよね。ときにゆるりとやり過ごす柔軟さも、生きる知恵なのかもしれません。

 

⑤ あなたが守りたいのはだれですか

化物語 名言 神原駿河

「阿良々木先輩、頼むから、助けるべき相手を間違えないでくれ」

「ーごめん、辛い役目をやらせてごめん」

ー蛇はかえる、遣わした者の場所へと、呪いを持ち帰るために

出典元:化物語 神原駿河 / 阿良々木暦

全ての人を助けるってことはできない、そして全ての人に好かれることもないんですよね。道に迷いそうになったときは「自分はどうありたいのか」「誰の力になりたいのか」原点にたちかえると、自分にとって大切なものがみえてくるのかもしれません。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

化物語 名言 千石撫子

呪いを受けた千石撫子だけでなく、あろうことか呪いをかけた本人まで救おうとした阿良々木くん。後輩神原の「助けるべき相手を間違えるな」という言葉で我にかえり、彼は「辛い役目をやらせてしまった」ことを謝ります。「それはダメだろう」と、誰かを止める勇気っていうのは、なかなか出せるものではないですよね。瞬時に判断した神原も見事ですが、それが「辛い役目」だったと気づいた阿良々木くんもさすがですね。

物語シリーズの名言集はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
フリーランス通訳者。本業の傍、人生のお悩み相談や進路相談をうけおう何でも屋さん。ゆるい雰囲気で、固まった心を癒します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です